NPO法人はっぴぃmama応援団

NPO法人はっぴぃmama応援団

主治医の指示に基づき、助産師・保健師・看護師などが、
看護を必要とする方の生活の場である自宅を訪問します

いつも当法人の活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
当法人は、前身団体「はっぴぃmama応援団」結成以来、「ママの笑顔がいちばん!」をモットーに、「妊娠期からの切れ目ない支援」を続けてまいりました。

 この度、その活動を一層充実させるために訪問看護ステーションはっぴぃmamaはうすを開設しました。
 
 私たちは、多くのママや赤ちゃんと出会ってきました。そんな中で、産前産後をとてもつらい思いをしてすごされてきたママや、赤ちゃんや兄弟に障がいや病気があってもサービスなど利用せずに日々奮闘されてきたママなどに出会い、医療保険を活用して訪問看護が受けることができたら、もう少しママの負担が軽くなるのに・・・と感じていました。
 今までの医療保険を活用した訪問看護制度では、産前産後の妊産婦さんへの訪問看護はあまり実施されていませんでした。mamaはうすでは、以前より独自の事業として。腰痛等の身体症状が強い方や、精神的に不安定な方への訪問ケアを実施してきました。妊娠期から関わることで、産後早期に支援体制が取れるので、妊娠期からの医療保険対象の訪問看護の必要性も強く感じていました。
そんな中、全国的にもそのような訪問看護ステーションの活動が生まれ、はっぴぃmamaはうすでの開始時期とも重なりました。
 また、小児への訪問看護も、幅広くは行われておらず、実際に、私達が酸素療法や経管栄養をされているお子さんへの訪問ケアを実施したとき、ママ自身が医療行為などは指導を受けママもそれを習得して退院しますが、成長発達によって新たな悩みや不安が生じます。ですが、医療機関への受診時に「育児」の相談をすることは難しいのが現状でした。様々な段階の医療ケア児への対応が必要であり、医療ケアと育児の総合的なサポートが必要なのだと強く感じました。加えて児を預けて休めるレスパイトケアの重要性も痛感しています。
 子育てを取りまく様々な問題解決のために、産前産後の妊産婦や乳児を対象とした訪問看護ステーションが、今全国的に広がりつつあります。訪問看護ステーションだからこそ生まれるひとつひとつの出会いを一層大切にしていきたいと思います。

「はっぴぃmamaはうす」では、デイケアや訪問ケア、ママたちの交流の場としての居場所事業や「赤ちゃん教室」、各種講座などを展開しています。
 よく「いろいろなことをされてますね~」と言われますが、私たちは「ママの笑顔がいちばん!」をモットーに、ママを応援しながら、それぞれのスタッフも笑顔になれることを楽しみながら支援を提供しています。
 
 今まで同様、今後とも、親とよいこのサポートステーション「はっぴぃmamaはうす」と訪問看護ステーション「はっぴぃmamaはうす」をよろしくお願い致します。

                            はっぴぃmamaはうす スタッフ一同

医療機関や地域で、多くのママや赤ちゃんを支援してきた経験豊富な助産師・保健師・看護師がご自宅へ伺います

営業時間

9:00 - 17:30---

休業日:国民の祝日(振り替え休日を含む)、お盆(8月13〜15日まで)、年末年始(12月30日から1月3日まで)
※緊急時24時間対応あり

ご利用をお考えの方は、こちらをご覧ください。
妊産婦訪問看護ご希望の方
小児訪問看護をご希望の方
精神訪問看護をご希望の方
その他、自費診療(母子)ご希望の方

料金の詳細は、こちらをご覧ください。
妊産婦の訪問は、医療保険の種類により1〜3割
負担。乳幼児の訪問は、新潟市の場合こども医療費助成
制度を利用し、1日250円。

医院の方へ
こちらから指示書のダウンロードが可能です。

Scroll to top